お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

【子育て】子供に掛かるお金は養育費と教育費

f:id:otyanoma369:20210428221856p:plain

こんにちは。お茶の間ブログです。

 

今回のテーマは『子供に掛かるお金』についてです。

 

子育てに掛かるお金がどれくらい必要なのかって皆さん凄く気になるところですし、

それがとても不安になりますよね。主に掛かるのは養育費教育費です。

将来設計をする上で重要な固定費ですので、ライフプランにお役立て下さい。

 

家計管理の考え方として大事なのは『困難は分割せよ』です。

 

 

養育費について

 洋服代、食費、医療費、小遣い、習い事など...

 

養育費内訳

0歳から3歳   年額約80万円

3歳から6歳   年額約110万円

小学校から大学 年額約70万円~90万円

小学校入るまでに毎月約6万円~9万円

小学校以降では 毎月約6万円~7万円

※内訳には貯金、保険が月額1万5千円含まれている。

最近では3歳~6歳までの無償化が進んでいるのでこの数値よりかは低くなります。最大でこれくらいと思って下さい。

 

教育費について

養育費は0歳から22歳までの想定

全部公立なら年額約30万円~50万円

全部私立なら年額約100万円~150万円

ここ最近ではお金を出せば良い教育を受けれるという考え方が変わりつつあります。

ネット社会の拡大により低価格高品質の教育を受けれる様になりました。

逆を言えば高価格低品質のボッタクリもあります。

 

子育てに掛かるトータル費用は約2700万円から4000万円です。

 

皆さん子供にたくさんお金を掛けたいという気持ちもわかりますが、価値あるものにお金を使って下さい。

上記データは大手企業取集データに基づいておりますので、地域やライフスタイルにより金額が異なります。

 

最後に

固定費をまず見直す上で現状どれくらいの支出があり、将来的に子供が出来た場合の支出なども考慮した上で貯金、積立てを行って下さい。

よくあるパターンが前記事で案内した、住宅ローン破綻が起きてしまいます。

現在住宅関連での債務相談が増えていますので、皆さんも購入する際は自身で計算し

自己防衛をしっかりとお願いします。

 

最後までご拝読頂き有難う御座います。