お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

【株式投資】米国株全世界株編 VOO VT

f:id:otyanoma369:20210502192434p:plain

こんにちは。お茶の間ブログです。

 

今回のテーマは『米国株、全世界株』についてです。

 

 

米国株

代表的な運用会社VOO バンガード社

S&P500の値動きに連動※過去記事で解説

運用総額18兆円ETFでは世界トップ5

経費率0.03%

 

全世界株

代表的な運用会社VT バンガード社

ファンド誕生日2008年6月

『FTESグローバルオールキャップインデックス』の値動きに連動

先進国及び新興国約47ヵ国の大型中型小型約8000銘柄に投資

全世界株の株式市場時価約98%カバーしていて、この1本で世界中に投資出来る。

運用額1.6兆円

経費率0.06%

 

運用実績

VOO

約10年で1万ドル→32529ドルに成長し年率は12.86%

リターンが低かった年で-4.5%

瞬間的な最大損益-19.58%

 

VT

約10年で1万ドル→21150ドルに成長し年率は7.99%

リターンが低かった年で-9.76%

瞬間的な最大損益-22.15%

10年間でリターン勝率で8年間米国株が勝った。

10年間米国株成長3.3倍 全世界株2.1倍

 

米国株のメリット

1)世界最大の経済大国でGDPは世界最大。第2位に中国

2)人口増加国である※株式においては大事

3)法制度、会計制度や株主重視の文化がしっかりしている。

4)イノベーションが生まれる時はアメリカから→GAFAM

5)新興国の成長も米国市場で取り込める

新興国でもすでにビジネスの根を張っており、S&P500企業の海外売上高比率は40~50%になる。

6)リスクやコストが低い

通貨リスクや運用コストが低い

 

米国株派か全世界株派か意見が分かれる事が多いです。

アメリカにも過去に長い停滞期があり、現在では中国やインドなど経済力を増している国もあるので、一概に米国株が良いとは言えません。

 

まとめ

株式投資においてはリスク分散投資が重要になりますので、無理のない資産配分を行って下さい。筆者のポートフォリオでもマイナスになる年ももちろんありますので、短期的ではなく長期的運用で焦らず行って下さい。

 

最後までお読み頂き有難う御座いました。