お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

【仮想通貨とは何?知らないと危険】初心者でもわかりやすく解説

f:id:otyanoma369:20210813160939p:plain

今回のテーマは『仮想通貨とは何?知らないと危険』についてです。

私には関係ないよって方も今後知識が必要になる時が来るかもしれませんので、是非見て行って下さい。

 

 

1.仮想通貨とは?

別名暗号資産とも呼ばれ、インターネット上でのお金になります。データが改ざんしにくいブロックチェーン技術を用いており、国の造幣による価値変動を受けにくい。

中央集権型なので仕組みは違いますが、身近な物で〇〇ペイなどもデジタル通貨の様なものです。

 

2.主な仮想通貨はこちら

現在仮想通貨と呼ばれるアルトコインは約2.100種類ほどあるようで、ほとんどが得体の知れないものばかりです。

その中でも比較的有名で安全性が高いものはこちらになります。

代表的な仮想通貨

1.ビットコイン

2.イーサリアム

3.リップル

4.テザー

5.Binanceコイン

などなど他にも人気が上がってきている物もあります。

3.仮想通貨のメリットとしては

1)個人間の送金が限度額なしで送金可能で、銀行などの金融機関を経由しない為、手数料が抑えられる。

2)冒頭でも記述しましたが国籍を持たないデジタル通貨の為、国に左右されない。

 

4.日本の主な取引所

①Coincheck

②GMOコイン

③bitFliyer

購入する際には上記の様な資本金や安全性が高い取引所を経由して購入して下さい。知らない所に手を出すとカモられます。

 

5.ビットコイン

誕生は2009年1月3日でコインの上限が2100万枚。値崩れしにくい理由としては政府が発行枚数を増やせない為、値崩れしにくい。考え方はゴールドと一緒で数量に制限があります。

現在では大手企業の決済手段としても取扱いされ、一時は1コイン700万円まで価格が上昇しました。

日本以外の先進国などでは現金決済ではなく、デジタル通貨での取引は当たり前となっております。 

6.2017年の仮想通貨バブルで儲けた人

1)割高な手数料をピンハネする取引所

2)取引所とユーザーを仲介するビジネスをしていた人

3)素人にどんどん買わせて、売り逃げした人

などなど今と変わらない儲け方をしていました。

 

7.過去に起きたハッキングリスク

1)2012年9月 アメリカ ビットfloor  24000BTC損失

2)2015年1月 イギリス Bitstamp    19000BTC損失

3)2016年8月 香港   Bitfinex         120000BTC損失

4)2018年1月 Coincheck                       580億円NEM

最近では600億円近い暗号資産が流出し、大きくニュースに取り上げられていますが、デジタル通貨は紙幣に比べるとリスクも高いです。

8.仮想通貨デメリット

①法整備が未熟

出資金を募ってお金を持ち逃げしたり、決算書偽造やインサイダー取引、嘘の情報での相場操作など起きるリスクがあります。最近ではインサイダー取引や出資金持ち逃げなどがネットニュースに載っています。 

②詐欺が横行

BTC以外はアルトコインと呼ばれ2100種類以上の仮想通貨が存在します。基本的にほとんどが価値もない商品ですので、間違って冒険しない様にご注意下さい。2000年にアメリカで起きたドットコムバブルの様な状態になってます。

 

まとめ

仮想通貨は株式投資と違い税金もめちゃくちゃ持っていかれます。雑所得扱いになりますので、所得税率に応じて税率が変わります。株式投資はいくら儲けても約20%なのと損失が出た場合、繰越しが出来ます。この点にも注意して頂き今後の参考にして頂ければと思います。

仮想通貨は資産運用には適さない博打だと思いますので、資産運用を真剣に考えている人はこちらを参考にして下さい。投資情報が無料で受取り可能です。

≪無料会員登録はこちら≫