お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

【会社員】仕事効率を下げる原因はハラスメント

f:id:otyanoma369:20210508223315p:plain

 皆さんこんにちは。お茶の間ブログです。

 

今回のテーマは『仕事の効率を下げる原因』についてです。

 

皆さんは何だと思いますか?答えはいろいろと出てくると思いますが、今回はこちらに着目していきたいと思います。

 

仕事の効率を下げる原因はパワーハラスメントです。

現代において非常に着目され、表に出てくる機会が多くなりましたが、未だに解決が難しい問題です。この記事で得られる事はパワハラをしているが気付いていない方やされていてどうしていいかわからない方向けに発信しています。

 

 

パワーハラスメントが仕事に及ぼす影響

1)仕事にかける労力と質を意図的に減らす。

2)病んでしまい仕事に集中出来なくなる。

3)人生そのものをダメにしてしまう。

4)会社に損害を与える。

これらの悪影響を与えてしまい人に対しても会社に対しても損害を与えてしまう社会的問題です。

 

なぜパワーハラスメントは起きるのか?

これは研究結果でも出ていますが主に『価値観の押し付け』と『コミュニケーション不足』が原因となる事が多いようです。『私はこうしてきたんだからアナタもこうするべき』という考え方です。これは何故生まれるかと言うと日本社会は人に対して優劣を付けたがり、年上や先輩、役職、能力が上だから自分の考え方や生き方が正しいと他人の意見を尊重しない鎖国的な思考を持つからです。

 

日本社会が成長しない原因

それは年功序列や終身雇用によるものが原因となります。若い世代の意見が反映されない為、古風なやり方が根強く、パワーハラスメントが起きやすい構図となってます。誰もが実力を発揮出来る社会こそが平等であり、そこで出る結果が正当な評価を受けるべきなのです。事実、日本企業は世界に取り残されおり、毎年発表される企業番付ではランクインする日本企業はどんどん減ってきています。日本企業は民主主義ではなく社会主義構造なのです。しかし、ここで気を付けるべき点として『自分に対する過大評価』です

 

パワハラに対する対処法

厳しい意見かもしれませんが事実を訴えたところで会社は解決してくれない事が多いです。改善される時は会社ではなく社会が動いた時が多いですね。最善は働く場所を変えて欲しいです。いやいやそう簡単には変えれないよって方多いかもしれませんが行動しないと現実は100%変わりません。またその環境で働く事を決めたのも自分自身なので他人を恨まず、自分の幸せの為に生きて下さい。

 

最後に

筆者もたくさんの経験をし、今の自分があるんだ!と前向きに考えられる様になりました。パワハラが根絶するのを待つより、自分から環境を変えた方が早いですし、仕事の為に生きる人生なんてもったいないですよね。出来る事からコツコツとやっていきましょう。

 

最後までお読み頂き有難うございました。