お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

会社員は最も理不尽な雇用形態

f:id:otyanoma369:20210517133827p:plain

 

今回のテーマは『会社員は理不尽』についてです。

世の中の労働人口に占める割合が最も多い会社員ですが最も理不尽な雇用形態です。その点について解説していきますので、最後までお読み下さい。

 

 

面接さえ突破すればいい

大中小問わず日本企業は面接さえ突破し採用してもらえれば、後は法律に守ってもらえます。それは『労働基準法』です。経営者側は従業員を犯罪など起こさない限り、解雇するのは至難の業になります。例え労働規則に明記している項目に反していたとしても裁判になると負けてしまう場合もあります。

 

理不尽な労働形態

これらが主な原因となり、仕事の出来る社員と仕事の出来ない社員を分けた場合にどちらの方が給与が高いと思いますか?答えは同じ給与です。会社は人を雇う事で高いリスクを背負う事になり、その帳尻を仕事の出来る社員が受けてしまいます。正当に評価出来る会社はごく一部で、それ以外の会社では自分の給与が仕事の出来ない社員へ分配されているのが現状です。お金が全てではないと綺麗ごとを言う方もいますが、日本は大原則として『資本主義社会』なのでお金が全てです。この記事を読まれている方はその雇用形態に苦しまれている、仕事が出来る人ばかりだと思います。そもそもリテラシーが高いので、探究心が強くこの記事に行き着いたと思います。

 

会社員の平均年収

1980年代は約460万円近くあったのに近年は約440万円まで低下してます。日本の事業が衰退して行く原因として、法律に守られ過ぎている会社員と年功序列に守られている仕事が出来ない社員、これらが原因です。何度も言いますが日本は社会主義ではなく資本主義です。

 

今後の人生設計

人生は一度きりです。今の会社で満足してますか?上記に書いた内容が当てはまる会社なら辞めてもいいと思います。自分の貰えるべき給与が仕事が出来ない社員へ分配され続ける人生で満足しますか?搾取される人生はもうやめましょう。フリーランスや起業を行う事が解決策への近道だと思います。スキルを上げる為にまず副業を始めてみるのはいかがでしょうか?この記事を読まれている方はリテラシーが高いので、まずスタートがめちゃくちゃ早いと思います。今の間違った雇用形態から抜け出す為に頑張りましょう!