お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

あなたは出来る社員?平凡社員?両者の4つの違い

f:id:otyanoma369:20210606063614p:plain

こんにちは。お茶の間ブログです。

 

今回のテーマは『トップ5%の社員が実践している事』についてです。この記事の内容にあてはまる人はトップ5%の人間かもしれません。つまりは仕事が出来るタイプの人間で、どの企業に行っても成果を出しやすいと思います。今回もさくっといきますので、是非参考までに見て下さい。

 

 

統計に基づいたデータ

会社員1万8千人を対象にデータを取っており、その中で出た5%の人間のやり方を参考にしています。その5%の人間のやり方を他企業29社で実証実験をすると仕事に大きな成果が得られました。

 

1.TOP5%の社員98%が「目的」のことだけを考えている

TOPの人間になるほど過程や経緯ではなく、結果を重視しています。資本主義社会においてどれだけ頑張ったアピールをしても結果が全てになります。つまり大きなゴールの達成に向けて、自分で段階的な目標設定を組み、確実に実行しています。

 

2.量より質

質を重視しています。例えば資料を作らした場合に95%の人は5%の人と比べてページ数が32%も多い事がわかりました。5%の人は要点をしっかり押さえ無駄な情報はカットしている為、結果的に見る人がわかりやすい資料作りを実現しています。

 

3.弱みをしっかり見せる

知らない事が恥ではなく質問しない事が恥である。という考え方があるようにわからない事は積極的に質問を行っています。更に相手と話す場合にしっかり腹を割って話す為、相手も腹を割って話をしてくれます。結果的に必要な情報をしっかり相手から引き出す事が可能になります。

 

4.行動習慣の違い

1)5%の人は95%の人と比べると有酸素運動を3倍以上しています。

2)連絡がとにかく早い。何においてもレスポンスが早い。

3)5%の人は金曜日の夜に幸せを感じるが95%の人は土曜日の朝に幸せを感じます。つまりは時間管理がしっかり出来ているという違いになります。

 

まとめ

いかがでしたか?読者様はリテラシーが高い為、当たり前過ぎましたか?全部あてはまった方もいたのではないでしょうか?あくまで一部の統計で得られたデータの為、全職種にあてはまるものではないです。しかしここから得られた情報は事実なので、今仕事で苦戦している方などは実践してみるのもいいかもしれません。

 

最後までお読み頂き有難うございました。