お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

【ハブルータ学習法】頭が良くなる天才ユダヤ人の教え 

f:id:otyanoma369:20210620192039p:plain

 今回のテーマは『ハブルータ学習法 天才ユダヤ人』についてです。皆さんユダヤ人について一度は学校で聞いたことあるのではないでしょうか?でもどんな感じなのかとか詳しくは覚えていないと思います。

ユダヤ人は世界の人種で一番知能が高いとされ、商売においては群を抜いた才能を持っています。

そこで今回はこのユダヤ人の勉強方法について触れていきますので、皆さんも実践してみて下さい(*^-^*)

 

 

1.ユダヤ人とは?

イスラエル民族でユダヤ教の信者を指します。

世界の人口の約0.02%がユダヤ人で、ノーベル受賞者はなんと22%もいます。

その他有名企業で言うとマイクロソフト、フェイスブック、グーグル、アマゾンなど名だたる企業の経営陣には必ずユダヤ人が存在します。

それだけユダヤ人は優秀で商売がとても上手なんですね(*^▽^*)

 

2.最強の勉強方法「ハブルータ学習」

f:id:otyanoma369:20210620192223p:plain

実際に幼少期からユダヤ人の教育で必ず使われている手法です。

人が人に教え合う、または議論するという勉強方法です。

具体的には自分が学習する際、誰かと一緒に問題について質問や討論を繰り返していき、そのもの事についてしっかりと説明できるか又は理解できているかを確認していくために行われます。

 

3.科学的立証

実際に学習を行い24時間後の記憶力がどれくらい残っているのかを検証した実験になります。24時間後の記憶力が何%残っていたかを表したのが次の通りです。

24時間後の記憶力

・学校などで受ける授業や講義 5%

・本などの文字を読む     10%

・動画などの視聴覚      20%

・実演講義を見る       30%

・グループでの討論      50%

・体験型の学習        75%

・お互いに説明し合う     90%

数字で見てわかるように、1対1で話すことが最も高い効果が得られる結果となりました。

つまりは日本の教育はユダヤ人の教育方法と比較すると、18倍もの非効率的な学習をしていることとなります。

日本からイノベーションが生まれにくいのはもともとの学習方法が違うからではないかと考えます。

 

 

4.メタ認知能力

メタ認知能力とは自分が本当に知っていることと、知っていると錯覚していることを区別する力です。

自らの言葉で表すと「実はあいまいにしか理解していなかった」ことに気づくことが出来ます。

 

5.実践方法と得られる効果

f:id:otyanoma369:20210620192348p:plain

 身近にトレーニング出来る方法としては仕事や家族との間で誰とでも実践することが可能です。

1つの議題を決めそれを討論していくことや自ら学んだものをレクチャーしてみるなどお互いに考え意見を話し、質問を繰り返すことがとても重要です。

ここで大事なのはお互いの意見を否定するのではなく、それぞれしっかりと受け入れることがです。

得られる3つのメリット

1.考える力

2.創造力

3.話す力

6.日本人とユダヤ人の共通点

日ユ同祖論など都市伝説チャンネルで一躍有名になりましたが、実際に共通点が多くあります。

日本の伝統行事相撲はイスラエルが起源とされています。ヘブライ語では「ヤコブ」

いい、旧約聖書にはヤコブと天使が相撲をしたという記述があり、古代イスラエル人にとって神事となります。

また「はっけよい」はヘブライ語で「投げつけろ、やっつけろ」の意味になります。

 

まとめ

ユダヤ人はなぜ優秀なのか?なぜお金持ちが多いのか?それは幼少期からしっかりと創造力を働かせる教育を受けているからかもしれません。

事実ユダヤ人の成功の教科書「タルムード」は世界的に成功者が参考にしている教科書になります。

※タルムード・・・ユダヤ教の口伝律法と学者たちの議論を書きまとめた論文

答えのない説話も多く、問答を繰り返すことで「なぜなのか?」「自分ならこうする」と多面的な視野で独自のアイデアを生みだしていきます。

「神は信じないがタルムードは信じます」by某ユダヤ人

これらを知ると我々が受けてきた教育は与えられたという表現より、押しつけられた教育だったかもしれないと考えさせられてしまいます。

※脱線しましたが布教活動ではございません。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。