お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

心理学の裏技すぐに使えるテクニック5選

f:id:otyanoma369:20210622061741p:plain

こんにちは。お茶の間ブログです。

 

今回のテーマは『心理学の裏技5選』についてです。世の中にはたくさんの心理学が存在し、言葉を変えると統計学として表すことができます。心理学を知ればジャンケンで毎回勝つことも不可能ではないと思います。そこで今回は日常で役立つ心理学をいくつかご紹介しますので、最後まで是非お読みください。

 

 

1.金額交渉で使える

時代の移り変わりで交渉する機会が多くなり、最近はフリマアプリなどで個人の物販が増え、個人間での金額交渉や情報の多様化でたくさんの市場が増えました。

そこで実践可能な心理学になります。

コロンビア大学での実験

仮想交渉を用いた実験で店主と顧客に分かれ、ダイヤを買い取る実験を行いました。3つの金額設定をし実際に交渉してもらい、交渉が上手くいく方法を分析した。

金額として29ドル30ドル31ドル設定で行い、29ドルや31ドルを選んだ交渉を行った場合、店主の心理として具体的な金額の根拠があり、ダイヤについて詳しい人物と思い込みそのままの金額で買い取りを行った。逆に30ドルを選んだ場合、強く押せば値切れるのではないかという心理が働きます。

これはキリの良い値段を提示するより、細かな金額を設定することで買う側売る側ともに値段交渉をしやすいという結果になります。

 

2.暗い場所で人はズルをする

「たくさんの照明こそが最高の警察だ」という論文も出ているほど明るさは人の心理に大きく影響します。

こんな実験がおこなわれました。1つのは蛍光灯が12本設置された部屋で、もう一つはその3分の1の4本設置された部屋を用意しました。

参加者には1人ずつ封筒が渡され、その中に1ドル紙幣が9枚と25セント紙幣が4枚入っており、数学を試す問題が20問用意されていて1問解くことに封筒から1枚もらうことができる。ただし採点は自己評価で行うため不正を行うこともできる。

結果的に明るい部屋の人は平均7.78問の正当率に対し暗い部屋の人は平均11.47問の正答率だった。決して頭の良い人が多かったわけではなく実験終了後にそれぞれ質問をすると60.5%暗い部屋の人は採点を水増ししたと答えた。

一方明るい部屋では24.4%の人が水増ししたと答えた。暗いという周りの環境により人間は簡単に左右されてしまうことの証明に照明だけになります。

身近で応用が利くのがコンビニやスーパーなどで、最近では明るいLED電球にしているところが増えています。これらは防犯を目的に設置したわけでないが、結果的に万引きなどの犯罪防止には十分な効果があると思われます。

また会社での不正を防ぐには有効な手段だと思われ、特にお金を扱う場所では眩しいくらいに明るくすれば防ぐことができます。

 

 

3.自己肯定感が高い方が幸せ

美男美女で行った実験があります。美貌が良い人間はもともと人生得することが多く、実際に生涯年収にも差がでることがわかっています。

221の男女を対象に自分自身の魅力を評価してもらい、顔写真による判定を別の10人に行ってもらいました。

その結果他人に評価された場合よりも自分で評価している人のほうが幸福度や満足度が高いことがわかりました。

この結果を踏まえ、皆さんも今日から自分自身はイケてる人間だと強く思うことで、人生が幸せになります。

筆者も今日から自分のことをスーパーイケメンだと思い、生きていこうと思います(*^-^*)ww

 

4.相手に約束を守ってもらう方法

結論からいうと約束をする際にひと手間加えると効果がある。特に企業などはこの方法が非常に有効的だと思われ、キャンセル被害などの減少につながります。

実験内容として病院側が予約していた患者が約束を守らないことに問題を抱えていました。その問題を解決するべく患者に対して行った実験です。

予約する際に相手に予約内容を復唱させると、させない場合と比べ3.5%減少の効果が得られたのですが、これだと少ない様に感じ再度予約番号などを与え、それを患者にメモしてもらいました。すると18%もの減少効果がえられました。

キャンセル被害は深刻な問題でもあるので、これを実際に行うと20%ものキャンセルを防ぐことができるのですから、やらないよりやったほうがいいですよね。

 

5.不幸よりも幸せの数の方が多い

これは1日のできごとを記録してもらった実験になります。その集計を行った結果圧倒的に幸せの出来事の方が多い事がわかりました。

しかし人は日常においてなぜ自分は不幸だと感じるかというと、実はネガティブな感情の方が5倍も脳への与える影響が強いからなのです。

つまりは幸せか不幸化の境目は自分の思い込みが主な原因になっているので、1つ1つの幸せを大事に思い、不幸なことが起きても幸せの数の方が多いのだと自分を言い聞かせることが大事だと思います。

結果的に全ては自分の思い込み次第で人生は大きく変わります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した内容は科学的検証に基づいたものなので、その効果にすごく期待ができるのではないでしょうか。

このような心理学を知っていれば自身の感情をコントロールしたり、更には相手の行動もコントロールすることが可能となります。

今後もこのような心理学を記事にしていこうと思いますので、面白かった人やタメになったと思う人は見逃さないように【お茶の間ブログ】をメモして控えて下さい(*^▽^*)

 

最後までお読み頂き有難うございます。