お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

営業の基本 心構えや考え方 成績アップのコツ

f:id:otyanoma369:20210625062844p:plain

こんにちは。お茶の間ブログです。

 

今回のテーマは『営業の基本 心構えや考え方』についてです。こちらの記事は今駆けだしで頑張っている人や成績で伸び悩んでいる人、またはメンタル面で悩んでいる人向けに記事を書いております。この記事を読んで頂ければ営業に対しての考え方が変わるかもしれません。ぜひ最後までお読み下さい。

 

 

1.営業は拒絶から始まる

人は拒絶されることにものすごくストレスを感じます。しかし営業は断れることが当たり前であり、NOを言われた回数が多い営業マンほど成績が良い結果が出ています。

NOを言わせないテクニックなどありますが、基本的にどの業界の営業マンもNOを言われた数ほど良い結果が出ると心理学的研究でも明らかになっています。

 

2.たくさんの打席に立つ

先ほどのNOを言われるために重要なことで、こちらもたくさんの場数を踏むことが必要です。営業を恐れてしまう気持ちもわかりますが、良い結果を得ている営業マンはたくさんの数、経験を得ています。

上司や先輩の講義よりも現場で失敗や経験を積むことの方が圧倒的に自分自身を成長させてくれるので、早く成長したい人はたくさんの経験値を積んで下さい。

 

 

3.売ることをやめる

売れない営業マンの特徴として、商品を売ることを第一に考えてしまうことです。「自分がされて嫌なことを相手にもしない」という考え方が重要で、例えその時は商品を買ってくれたとしても次は買ってくれません。

相手も人間ですから嫌な人から商品を買いたくないですし、関わろうとしません。つまりは毎月成績に追われてしまう原因として、信頼できるお客様との関係作り【リピーター】ができていないからです。

新規に商品を購入してもらう為に掛かる時間やコストはリピーターに比べ5倍もかかります。

 

4.問題点をみつけ解決すること

お金はから生まれます。相手から情報を引き出し、何に対して問題を抱えているかを見つけ、その問題点を解決することが営業です。

例えばすでに他社製品を使用していて、その商品が相手にとって最適だと思えばしっかりとその商品を薦めてあげ、最適でない場合には違う商品を薦めてあげる。

例え他社商品であっても相手の問題点を解決することに主軸をおけば、最適なものは何かしっかりと見えてきます。

その結果相手から信頼を得ることができ、将来的に必ず自分自身その恩恵が返ってきます。

あなたが価値ある情報を与える事で相手からも価値ある情報をいただけるという返報性の法則になります。

 

5.情報を把握する

f:id:otyanoma369:20210625062958p:plain

これは新規でも同じことが言えますが、相手の情報を事前にリサーチできる場合にしかっりと情報を取り入れておくことが重要です。

何が好きか?趣味は何か?など事前に情報を集めておくだけで、面談の際にアイスブレイクを起こすことが可能です。

また顧客の場合も誕生日や家族構成まで把握しておくとこまめなアプローチができ、顧客からゆるぎない信頼を得ることができます。

商品を買ってもらったから終わりではなく、購入後もしっかりとサポートしていくことが大事です。

 

まとめ

今回は営業の基本的な部分をいくつかご紹介しました。中には『こんな甘いことしてたらとてもじゃないけど目標達成まで追いつかないよ』って人もおられるかもしれませんが、商品は必要じゃないお客様に売りつけるものではないので、営業の根本には『お客様の課題解決』があることをお知りおきください。

 

最後までお読みいただき有難うございました。