お茶の間研究室

この記事を読むだけで人生得します

子供の英語教育まだやっていないの?今すぐ始めるべき理由

f:id:otyanoma369:20210731194920p:plain

f:id:otyanoma369:20210731051926p:plain

周りの子供は英語教育をしているみたいだけど、英語教育は必要なのかな?

こんな悩みを抱いたことはないでしょうか?

英語教育を行うことは必要なのか?また英語教育は何歳から始めればいいのか?

その疑問を解決していきます。

この記事での解説ポイント

1.英語教育の必要性

2.何歳から英語教育を始めればいいのか

3.将来的に役立つポイント

4.オススメの英語教育方法

 

 

1.英語教育の必要性

英語教育はこの先も必ず必要になっていきます。

この理由としては以下の通りです。

英語が必要な3つの理由

1.世界の共通言語が英語圏である。

2.将来的に英語を話せないことが生きづらさになる。

3.英語ができるだけで将来の選択肢が大きく広がる。

実はこの記事も日本語で書くと日本人にしか伝わらないですが、英語で書くと世界中の人に見てもえる機会が増えます。

つまりは英語が出来るだけで、大きなチャンスを掴むことができます。

 

2.何歳から英語教育を始めればいいのか?

こんな研究結果が発表されています。

6歳、8歳、11~13歳の3つの年齢層に分けて言語取得の臨界期(脳の神経回路)を調べたところ、5-6歳までが最も言語を取得しやすいことがわかっています。

f:id:otyanoma369:20210715124341p:plain

なんと赤ちゃんは6か月から外国語の音を学習できるそうじゃ

つまり英語は6カ月~6歳までに『英語耳』を作ってあげることが大事なようです。

 

3.将来的に役立つポイント

結論英語が出来るだけで、人生の選択肢を広げられます。

その理由として、英語が必要な職種が最近増えてきており、英語が出来るだけで仕事の選択肢がかなり増えます。

例えば、システムエンジニアでは求人の4割が英語を必須にしており、今後もこの割合はドンドン増えていき、システムエンジニアだけに限らず、たくさんの職種で英語は必要になっていきます。

東南アジアの国々では英語が話せることが当たり前のようになっており、日本はその重要性に気づいていません。

つまりは周りが気づいていない今がチャンスだからこそ『英語を学ぶべき』だと思います。

子供の将来を真剣に考えている人は、将来の選択肢を子供に作ってあげてはいかがでしょうか?

f:id:otyanoma369:20210728134629p:plain

あ~でも6歳過ぎてしまったし、もう英語教育は遅いかな

大丈夫です!今回はそんな人にオススメな英語教育をご紹介します☟

 こちらは小学生から高校生までを対象とした英語教育で、もちろん毎回講師も同じですし、一人一人の目標に合わせたカリキュラムをしっかり組んでくれます。

こちらの英語教育はたくさんの人達に利用されいます。

メリット

目標に合わせたカリキュラムの設定

アウトプットを重視したレッスン

いつも同じ講師でレッスンできる

オンライン学習なので便利

ぜひ1度お子さんのためにも試してみてはいかがでしょうか?

英語は子供の可能性を広げます。