お茶の間研究室

著:WEBライターマルチョウ

ー限定公開記事ー

【厳選】ブログのSEO検索順位を上げる6つの方法

f:id:otyanoma369:20211227062058p:plain

今回お伝えさせて頂く内容は、グーグルSEOスタートアップガイドに基づいたSEO対策方法と実際に当サイトで実施し、どれくらいの効果を得られたのかをご紹介致します。

こんな人にオススメ

1.検索順位が全く上がらない方

2.毎日0PVの方

3.イマイチSEOが理解できない方

これらにあてはまる方は少しでも検索順位を上げれるかもしれないので、是非最後まで見て下さい。

 

SEOとは?

SEOについてよくわからない方もいると思いますので、解説させて頂きます。

SEOとはグーグルの検索エンジンの事で、実はヤフーのサイトもこれらを使用しています。

利用者がグーグルサイトで調べたい事を検索した時に、自動的に類似したページを表示させます。

ただ類似したページを表示させるだけではなく、記事のクオリティが高く読者にとって最適なページが表示出来るようにグーグルが各サイトを評価し、順位付けしています。

そして表示されたサイトを読者が購読し、問題や悩みを解決していきます。

これら一連の流れをSEOと呼び、簡単にまとめると1つの解決手段として提供されているコンテンツとなります。

ポイント

読者の問題や悩みを解決できる様にグーグルが各サイトを毎日評価、順位付けをし、読者にとって有益なコンテンツを提供している。

 

 

検索順位を上げる6つの方法

検索順位を上げる方法はいくつか御座いますので、ご紹介致します。

これから紹介するものはグーグルのスタートアップガイドに記載されている、SEO対策に乗っ取ったものになります。

1.パーマリンクの設定

パーマリンクとはURLの事で、意外にも見落としがちな部分になります。

どのブログサイトでもパーマリンクの設定は自由に行え、特に重視してもらいたいのは作成記事との関連性です。

例えば、『ブログの始め方』の記事を書いた場合、リンク『https://blogstartupguide』のようにURLを見るだけで、この記事はどんな内容なのかをわかる様に設定します。

この設定は読者だけではなく、グーグルのロボットにも認知されやすくする為の手法で、検索順位にも影響をもたらします。

ポイント

URLを日本語での表記にしてしまうとマイナス評価になります。理由として、日本語はURLを変換すると特殊な記号になってしまい、理解できなくなる為です。

2.メタディスクリプションの設定

メタディスクリプションとは簡単に言うと『記事の説明概要』です。

f:id:otyanoma369:20211227151512j:plain

参考メタディスクリプション

上記はグーグルサーチコンソールのメタディスクリプションになります。

このメタディスクリプションにはどんな意味があるのか?

答えとしては、検索を行った際に検索ワードと類似している説明概要が入っていると検索結果として表示されます。

わかりやすく例えると、『ツール レポート』と検索した時、上記画像のメタディスクリプション内に同じワードが含まれていると思いますが、この場合に検索結果としてグーグルに表示されます。

注意点

記事内の言葉をコピペすると評価が大きくマイナスになります。これはグーグルの注意事項として記載されています。

3.トップページのドロップダウン

ブログのトップページをいろいろとカスタマイズして、見た目をオシャレにする事はとても良い事だと思います。

しかし、グーグルの公式サイトでは以下の様な事が書かれています。

f:id:otyanoma369:20211227154129p:plain

SEO対策

テキストで表示させる事を推奨しており、ドロップダウンや画像のみの構造はグーグルに認知されにくいとされています。

複雑な構造よりもわかりやすい構造の方が評価が高くなります。

4.パンくずリストの設定

パンくずリストとはユーザーが現在どの位置の記事を読んでいるか視覚的にわかりやすくするものです。

f:id:otyanoma369:20211227154719p:plain

SEO対策『パンくずリスト』

この場合、トップ☞経済☞記事タイトルという風に経済カテゴリーの中で、現在この記事を読んでいます。と視覚的にわかります。

このパンくずリストはブログヘッダーの下部付近に表示されます。

 

5.アンカーテキストを正しく設定

アンカーテキストとはリンクを貼った際に、読者が何のリンクか判断する材料の事です。

例えば、トップページに飛ぶリンクを貼った際に『トップページへ』と表示すればわかりやすいですが、『こちらへどうぞ』と表記した場合、非常にわかりにくいです。

この点もグーグルでは評価の判断材料としている為、アフィリエイトリンクなども読者にとってわかりにくく、クリック誘導を行うアンカーテキストの表示はマイナスの評価となってしまいます。

 

6.フォントサイズの改善

文字のサイズが小さく、読みづらい記事はグーグルからの評価が下がり、結果的に読者も読みにくい内容になります。

グーグルの推奨としてはフォントサイズ16px以上で、行間は1.2emです。

コピペで使える

p { font-size: 18px; color: #111; margin-bottom: 2em; line-height: 1.9; }

筆者がこの記事で使用しているフォントサイズと行間隔になります。

CSSに貼り付ける事で使用できますが、当サイトははてなブログを利用していますので、はてなブログの方を推奨します。

 

当サイト検索順位の変動結果

改善前のデータがこちらになります。

f:id:otyanoma369:20211227183438p:plain

改善前データ

改善後のデータがこちらです。

f:id:otyanoma369:20211227183506p:plain

改善後のデータ

f:id:otyanoma369:20220104101219p:plain

2022年最新順位

グーグル公式サイトの案内では改善結果が出る期間は4カ月先からと記述されていますが、実際には即効性を感じられるデータ内容となりました。

しかし、元々上位に表示されている記事は競合サイトも強い為、順位の変動は起きず横ばい状態です。

つまりは埋もれていた記事は全体的に検索順位が改善されたという結果となりました。

 

まとめ

SEO対策は大変難しく、すぐに結果は出にくいですが、答えについてはグーグルスタートアップガイドに記載されています。

しかし、スタートアップガイドでは大まかな点のみ解説されているので、実際の細かな部分に関しては自身のデータを蓄積し、分析をする必要があります。

他にもSEO対策で効果があった項目を紹介していきますので、お見逃しのないよう宜しくお願い致します。