お茶の間メディア

著:WEBライターマルチョウ

ー限定公開記事ー

【知らないと損!?】SEO対策で必要なキーワード選定方法と攻略

f:id:otyanoma369:20220127214757j:plain

SEOキーワード選定


ブログ運営を始めて記事を書けば書くほど、コンテンツの質が高まっていきます。

その理由は、スポーツのように練習すればするほど上手くなっていくのと同じ効果が働くからです。

しかし、ブログは記事の質を高めても検索で上位表示されなければ、存在しない事になってしまいます。

そこで今回は、『SEO対策キーワードの選び方と攻略方法』をご紹介していきます。

この記事で得られる内容

1.キーワードの種類について

2.キーワードの選び方

3.SEO攻略方法

 

 

 

3種類のキーワードについて

f:id:otyanoma369:20220127224519p:plain

SEOキーワード

ビックキーワード

ビックキーワードとは、検索ボリューム(件数)がズバ抜けて多いキーワードをさします。

例えば、『副業』や『投資』などがこれに当てはまり、月間の件数は数万回~数十万回検索されています。

ビックキーワードで検索上位表示できれば、インプレッション(表示)数を大きく伸ばす事ができ、たくさんの人に読んでもらえる可能性が高くなります。

ビックキーワードはブログをされている方なら目指すべきワードになります。

ミドルキーワード

ミドルキーワードとは、ビックキーワードよりも検索ボリュームは劣りますが、目安として検索される回数は月間1000回から10000回あります。

ビックキーワードより検索ワードを絞った『副業 初心者』など、2つのワードで構成されます。

ミドルキーワードでも十分なインプレッション数が獲得でき、また上位表示も現実的におこなえます。

ブログ初心者の方でも狙える範囲内のキーワードです。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、複数の単語から構成されるキーワードで、検索回数は月間1回~1000回ほどになります。

ロングテールキーワードの特徴である、複数の単語の組み合わせとは『副業 初心者 オススメ』など検索キーワードを多く含んだ構成になります。

検索されるワードが多くなればなるほど、検索回数は必然的に少なくなります。

理由として、ワードが増えるほど限定的な検索となり、同じ条件で調べる人が少なくなっていくからです。

ブログ初心者の方であれば、検索件数が少ないかわりに競合も少なくなるので、上位表示を狙いやすいキーワードです。

キーワードの選び方

キーワードの選び方は、こちらの無料ツールGoogleキーワードプランナーを使うと簡単に検索回数と競合性をリサーチする事ができます。

グーグルのキーワードプランナーを使うことで、グーグルが適切な検索数値を表示してくれ、競合を避けたキーワード選びをしやすくなります。

競合が多いワードを避けることで、検索上位に表示させる可能性を高くし、自身のサイトが見てもらえる回数を上げれます。

また、閲覧回数が増えることで、商品販売の成約回数も上がり、収益を増やすことが可能です。

Googleキーワードプランナーはキーワード選定に必要不可欠のツールになります。

キーワードのSEO攻略方法

hタグの重要性

キーワードのSEO効果はタイトルだけではなく、実は「hタグ」の高い順番でSEOにもたらす効果が変わってきます。

理由として、グーグルのクローラーがサイトを巡回した時に『どんな内容が書かれているか』を判断し、サイト評価をおこないます。

例えば、h2タグを選ぶ際にタイトルと関連性の高いキーワードを入れるようにしてください。

特に注意していただきたいのは以下のような内容です。

注意点

1.見出しの文字数は20文字前後にする

.2.hタグの順位を必ず守る

見出しを長く書いてしまっている記事をよく見かけますが、見出しは『要点』をおさえた書き方が1番理想的です。

そして、hタグの順番は必ず守るようにしてください。

例えば『タイトル→h2→h3』なら正解ですが、『タイトル→h3→h2→h3』の場合、2番目のh3タグが成立しないので、クローラーは内容が理解できなくなり良いコンテンツと判断しません。

つまり、hタグ(見出し)はとても重要な要素となり、SEOを攻略するには必要不可欠になります。

ロングテールキーワードの攻略

まずは競合が少ない、ロングテールキーワードを狙って記事を書いていきます。

というのはブロガーさんの9割が当たり前に言っていますが、それとは全く違う内容です。

ここでは以下の3つの手順で攻略していきます。

手順

1.上位記事の見出しを自分の記事に反映させる

2.サーチコンソールで検索されたキーワードを見出しに入れる

3.タイトルの一部にクリック率の高いワードを入れる

 

 

上位記事の見出しを反映させる

最初の1ページ目に出てくる記事をいくつか見て、見出し部分を確認してください。

自身のページにない見出しがたくさんあり、そこから見出しだけを抜き取って吸収してください。

これはクローラーが見出しを見て『何がかかれているのか?』を評価するため、上位に表示されている記事は評価が高いと判断されているからです。

注意点

1.本文は同じ内容を書かず、オリジナルで書く

2.企業のサイトは権威性が高く、記事の内容に関係なく評価されているので、参考にはならない。

サーチコンソールの検索キーワードを入れる

サーチコンソールを見ると、検索されているキーワードが表示され、表示されているキーワードを記事の見出しに入れることで、記事全体の評価を向上させることができます。

ユーザーファーストを掲げる、グーグルの評価システムに対して、かなり有効な手段となります。

タイトルにクリック率の高いワードを入れる

クリック率もSEOでは重要な評価を得られます。

一部否定的な意見もありますが、SEOサイトの大半は関連性が高いと評価し、またデータ解析でも証明されています。

そして、タイトルに一部のワードを入れるだけで、クリック率が上がる方法があります。

クリック率が上がるワード

1.〇〇選 

2.初心者

3.数字

4.感情的な表現

感情的な表現は「実はウソ!?」「知らなきゃ損」など、読者側に感情を表現するタイトルをつけることで、クリック率を上げる方法です。

人は行動を起こす時、感情的な部分がないと行動を起こしにくいとされています。

その為、読者に感情的な部分を表示することにより、クリック行動を促します。

まとめ

キーワード選定は、SEO対策でとても重要な役割を果たしています。

グーグルがキーワード専用のツールを出していることが、具体的な根拠となります。

ブログ初心者の方でも、今回ご紹介させていただいた内容を実践することで、検査順位を上げることができ、PV数を伸ばすきっかけになります。

PV数が伸びれば、モチベーションにも繋がり、ブログがもっと楽しくなると思います。

ぜひ実践してみてください。

あわせて読みたい記事

www.otyanomablog0910.shop