お茶の間メディア

著:WEBライターマルチョウ

ー限定公開記事ー

【オウンドメディア担当者必見!】サイト認知度を上げる運用方法

f:id:otyanoma369:20220307190320j:plain

オウンドメディアの運用は、企業のブランディング構築と認知度向上に必要不可欠になります。

実態調査でも企業のブランディング、認知度向上のため使用しているとの回答が大半を占めています。

しかし、全く無知の状態からオウンドメディアを運用することは、かなりの時間、労力がかかってしまいます。

そこで、この記事を読んでいただくことで、オウンドメディアの重要なポイントを知ることができ、かかる時間と労力を軽減できます。

 

オウンドメディア立ち上げ時に知っておくべきポイント

f:id:otyanoma369:20220307190545j:plain

オウンドメディアを運営している企業が重要視している項目としては、1位がページビュー数、2位がユニークユーザー数、3位がページ滞在時間です。

このランキングからわかることは、以下の通りです。

ポイント

1.ページビューをまずは稼ぐ

2.ユニークユーザーを増やす

3.ページ内の回遊率を高める

オウンドメディアを運営していく場合、ページを見てもらう回数が高くならないと認知度は高まりません。

そして、だだPV(ページビュー)数を増やすだけではなく、UU(ユニークユーザー数)も増加させていく必要があります。

UUとは、一定期間訪れたユーザーの数で、ユーザーの数が増えていくと自然に認知度が高まっていきます。

ページの回遊率は、1ユーザーがサイト内のページを何ページ見たかによって変わってきます。

回遊率が増加することで、サイトに興味を持っている人の数が増える、つまりファンを作れます。

ドメインパワーは気にしない

サイトを立ち上げたばかりのドメイン数値は低いです。

中古ドメインを購入した場合この限りではないですが、デメリットは多くなります。

良質なサイトを作れば被リンクを十分に獲得でき、ドメインパワーも高まっていきます。

また、ドメインパワーはあくまでも目安に過ぎないので、検索エンジンとの関連性を示すものは存在しません。

ペルソナ設定と目標設定をする

ターゲットを誰にしていくのか?

また、オウンドメディアを運営するにあたって、何を目標とするのか?

こちらの2点を明確にしておかないとブレが生じていき、ファン離れを起こします。

例えば、企業コンサルティングを運営している場合にペルソナは「経営者」で目標を「コンサル依頼の受注」とします。

サイト上で経営者に必要のない情報を提供してしまった場合、権威性や信頼性が崩れてしまいます。

結果、UU数も減少し、PV数も低下してコンバーションの低下に繋がります。

しかし、例外も存在しており、とにかく右も左もわからず毎日更新をして、情報を提供し続けることで成功した企業もあります。

労力は計り知れないですが、100発撃てば1発は当たるかもしれないという面白い結果となりました。

ブランディングの確立

自社のブランドは何か?

顧客に対して、どれだけの共感性を作れるか?

とても重要な課題となります。

特に他社との差別化を作るため、自社ブランドは何かを明確化する必要があります。

ポイント

競合他社にない部分を前面に出していきます。つまり、オンリーワンを目指す。

コンバーションよりも認知度を重視する

f:id:otyanoma369:20220307190905j:plain

成功事例として多いケースが、認知度だけを高めてセールス色を出さないことです。

こちらの手法は「サイボウズ式」と呼ばれ、オウンドメディアを幅広く知っていただき、企業のブランドを認知してもらうためにおこないます。

具体的なやり方として、ベイク チーズタルト | BAKE CHEESE TART社のように、トップページを見るだけで、何をしている会社なのか?どこにこだわっているのか?が見てすぐにわかります。

更にセールス色は感じられないオウンドメディアになっています。

また、集客についてもSNSを中心とした方法を採用し、SNSで集客→オウンドメディアへ誘導→SNSで拡散という流れにより、ブーストをかけます。

今やオウンドメディア×SNS戦略をセットで考え、運用していかなくてはいけません。

外注依頼の重要性

f:id:otyanoma369:20220307190958j:plain

オウンドメディアを運用するには、以下の知識が必要となります。

必要なスキル

1.SEO

2.フロントエンド

3.バックエンド

4.デザイン

5.ライティング

6.分析力

7.マーケティング能力

など必要なスキルは多岐にわたり、一から全てをこなそうと思ったら、数十年の時間を要します。

そこで必要となってくる方法として、「外注依頼」です。

外注費用をかけることで、大幅な時間短縮と短期間での成果を達成することが可能になり、大きな期待効果が得られます。

では、どのような手段でクリエイターを探すのか?

方法として「クラウドサービス」を利用することです。

業界最大手の登録者を誇るサイトには、ほとんど優良なクリエイターがいないのが現実です。

理由として、サイト内で仕事を受注すると高額な手数料が発生するからです。

手数料を取られても仕事の受注をしたい人がサイト内に留まるため、必然的にスキルの低い方が残っていきます。

そこで、最初からクリエイターのポートフォリオを無料で展開しており、手数料を取らずに仕事の依頼をおこなえるforiio - すべてのクリエイターにポートフォリオをであれば、探しているクリエイターが見つかります。

被リンクを獲得する方法

被リンクを獲得する方法は、「良質なコンテンツ」の作成が必要となります。

具体的には、「誰かに紹介をしたくなる記事」を作成することです。

オウンドメディアの成功例として、他の企業とのコラボレーションなどをおこなうことで、提携企業からのユーザー流入も狙えます。

YouTubeのコラボ企画と類似する方法で、効果がとても高くなります。

また、クラウドサービスの外注で、ブログ運営者に記事を掲載してもらう方法もあります。

お金を使い被リンクを作る行為なのであまりオススメはしませんが、被リンクの獲得と検索上位を最短で可能にします。

まとめ

オウンドメディアの運用は、業種などにより方法が異なるので、正解がありません。

しかし、正解に近い答えや共通して使える手法はありますので、今後メディア運用を検討される方やすでに運用している方は、ぜひこちらの記事をお役立てください。